【CygwinとGowの違い】Windows10でLINUXコマンドを使いたいからGowを導入してみた

【CygwinとGowの違い】Windows10でLINUXコマンドを使いたいからGowを導入してみた

Windows10の環境でLinuxを使うこと無く.shファイルを作成して、動作検証までする方法はないか?Cygwinは知ってるけど機能フル過ぎてそんなにすごい事するわけじゃないし、他にないかなぁ・・。と探していて見つけたのがGowでした。

 

はじめに

前記事なんですが・・・。

【参考リンク】

【SSH】sakuraレンタルサーバーへのSSHが繋がらない話

これが凄く悔しかったんですよ。
(IT技術者の本音としては、検証をせずに商用環境に対して動作確認を行っていないシェルを配置することのリスクは避けたいのです。)

 

シェルの動作検証がしたい

Windows環境下でシェルを作成し、動作確認を行ったうえでCron登録を行おうと行うべく色々と調べてみました。
シェルの動作検証を少しだけやりたい程度だったので、VM環境でLinuxをインストールするとか、そこまで大それたことはやるつもりもないです。

最小構成でいいのでLinuxコマンドが使える様にならないかと思って見つけたのがCygwinとGowでした。

ちなみにですが、Gowは「ガウ」と読むそうです。
「ゴウ」だと思ってました。

 

Cygwin と Gow の違い

そこまで大きな違いというものはありませんでした。
ざっくりと分けるのであれば、
gcc コマンドが使えるのが Cygwin
開発環境なんか使わないので gcc コマンドは要らない! というのが Gow
という感じです。どうです?簡単でしょ?

もっと厳密に分けるのであれば様々な違いはあるのですが、大きく分けるとこの程度の差と認識してもらえたらな。と思います。

 

Gowを導入

Gowの導入は非常に簡単でした。Wordpressのインストール並に簡単で、管理者権限さえ持っていればインストーラーに従って4回程左クリックをすれば導入が完了します。

コマンドプロンプトでLinuxを触るようにコマンド入力をするだけで簡単に念願のLinuxコマンドが打てるではありませんか!
相当感動しました。

とはいえ、さすがにLinux全てのコマンドを打てる訳はないので一部制約はありますが、普通にコマンドを使う分には全く困りませんでした。

 

bashも使えるGow

せっかくLinuxっぽくなっても、何かしらシェルを使って日々の作業を便利にしたいと思います。
Gowでは、bashを標準で利用可能にしているため普通にbashが使えます。

特別な使い方とかを考慮する必要もなく、いつもどおりの感覚でbashを利用してSakuraレンタルサーバーのCronに登録したいシェルスクリプトを無事に開発・試験することができました。
自端末で楽にLinuxコマンドが使えることとシェルも使えることから便利なGow。
一度利用してみてはどうでしょうか?

 

らいか
でも、そろそろWindows10に標準でbashが実装されそうだよね
【CygwinとGowの違い】Windows10でLINUXコマンドを使いたいからGowを導入してみた

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。