Windowsのローカル環境にMovableTypeとImageMagickを導入する

Windowsのローカル環境にMovableTypeとImageMagickを導入する

MovableTypeでImageMagickを利用しようとして素直にインストーラーだけではインストールさせてくれないです。MovableTypeのローカル環境への導入で一番苦労したのはImageMagickの導入と言っても過言ではありません。でも、解決方法を見つけたので書きます。

 

この記事の対象者

  • XAMPP上にMovableTypeをインストールし、ImageMagickも導入しようとしている方
  • ImageMagickをインストーラでインストールしたが上手くMovableTypeが認識しない方

 

手順

全体の手順としては以下の通りです。

  • インストーラでImageMagickのインストール
  • ppmコマンドでImageMagickのインストール

 

インストーラでImageMagickのインストール

公式サイト(英語)

【参考リンク】

Unix Binary Release

ImageMagickのインストーラを導入するOSの32/64bitに合うようにダウンロードします。
インストール時の注意事項は、下記のオプション設定の際に
「 Install PerlMagick for Active State Perl 」のチェックを入れることくらいです。

 

ppmコマンドでImageMagickのインストール

あれ?インストーラでインストールしたけど?と思います。当然です。
インストーラでインストールしてもActivePerl側やMovableTypeから全然認識されていないのでppmコマンド側からもImageMagickを認識させるためにインストールを行います。

下記のコマンドをコマンドプロンプトから打つようにして下さい。

 

cd C:\Program Files\ImageMagick-6.7.7-Q16

※ImageMagickのフォルダ名はバージョンによって異なります。

ppm rep add "BRIBES" "http://www.bribes.org/perl/ppm/package.lst" ppm install Image-Magick

これで無事にMovableTypeからImageMagickが認識されるようになります。
そもそも、Windowsで利用されることを想定していないのかMovableTypeをWindows環境にセットアップするのは本当に難しいです。まさか2回もインストールしないと使えないなんて。。

 

ちなみに

ppmコマンドを利用しているのでプロキシが設定されている方は、
下記の記事でプロキシ設定を行ってからじゃなければ、ppmコマンドを打ってもインストールが行われないので注意してください。プロキシ設定を行う方法はコチラ。

【参考リンク】

MovableTypeを使う時に入れづらいMySQL driverを入れたメモ

 

らいか
環境によっては、ここまで苦労せずにインストールできる人もいるみたいですが、少数派なようです。
Windowsのローカル環境にMovableTypeとImageMagickを導入する

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。