東日本横断旅行5日目<青森〜秋田〜岩手>

東日本横断旅行5日目<青森〜秋田〜岩手>

東日本横断旅行を計画しました。転職を機に1ケ月ほど有給消化期間が発生したので、このチャンスを活かすために、学生時代からの夢だった横断旅行を妻と二人で実行に写しています。計画時点とは若干異なりますが、折り返し地点を超えました。

 

東日本横断旅行リンク

 

リゾートしらかみに乗る

人生で初めての観光列車に乗る事ができました。
私の知り合いで、こういう鉄道に詳しいオタクが居て青森から秋田間を走っている観光列車が超安価であるとのことだったので、ほぼ1ヶ月前から予約をし乗車することに。

【参考リンク】

JR東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社:五能線 リゾートしらかみの旅

この列車、青森と秋田間を約5時間かけて走ってくれるのですが、要所要所で減速してくれたり、津軽三味線の生演奏を聞かせてくれたり、途中でぶらり観光のために15分ほど停車してくれたりと本気の観光列車。
今回乗車できたのは、リゾートしらかみ三兄弟のうち「橅」という車両でした。
どうやら最近新しく出た車両らしくめちゃくちゃかっこよくて運良く乗れてよかったです。
ただ、一つだけ残念なのがインターネット上から予約をする場合は、座席指定ができないこと。
そのため、海側なのか山側なのかどちらの席になるのかが分からないので
切符を発券するまでのお楽しみだった。ちなみに海側が当たりで山側がハズレだ。

まあ、その新年初の運試しの結果、残念ながら山側にあたってしまい
自分の座席から荒れる冬の日本海を眺めることはできなかったが、展望室というものがあり、そこから荒れる日本海を見ることができたので、まあ良しとしよう・・・。

社内では、明らかに景色を見る用に作られた全身分くらいある大きな窓から山側・海側の冬の景色を見ながら
社内で、青森のほたて弁当を食し、しかも写真も撮る。
なんて幸せな瞬間なんだ・・・。

東日本横断旅行5日目<青森〜秋田〜岩手>

冬の日本海を電車の中から優雅に眺めることができるこの時間は、今まで経験した電車の常識を覆す最高にいい時間を過ごすことができました。

東日本横断旅行5日目<青森〜秋田〜岩手>

 

秋田はそこまで寒くなかった

本来なら、特に秋田県には用事はなかったのですが
オタクと晩ごはんを食べるために、秋田県に上陸しました。
まあ、そのおかげでリゾートしらかみに乗れるなどいい経験ができたんですが。
ただ、秋田に上陸したのは1時で晩ごはんを食べるのは17時からだったので、それまでの間秋田県の名産品や秋田県といえば日本酒なので日本酒を購入するために、アトリオン?という所に行って色々と物色。

【参考リンク】

秋田アトリオン アトリオンビル

そもそも、秋田はお米が有名!という漠然とした特産物イメージしかもっていなかったので、こういうおみやげ屋さんで特産物は何なのかを確認するのは旅の醍醐味だなぁ。と今回の旅行で経験しました。
秋田の特産物で特に気になったのは「バター餅」です。
どうやら、北秋田の名産らしいのですが
最近注目されるようになり、秋田中どこでも売られるようになったとのことです。
これ、餅にバターを混ぜただけの商品なんですが、非常においしく
食べる前までは、濃厚すぎて食べれないかな?と思っていたんですが、全然そんなことなく何個も買って帰りたいと思うくらい癖になる味。

ちなみに、余談ですが
秋田県の観光案内所で、日本酒の地酒を探したいんですが・・と相談すると
「秋田市民市場というところがオススメです。こちらでは普通のおみやげ屋さんでは買うことができない珍しい地酒を試飲したり購入したりできますよ!」

【参考リンク】

秋田市民市場 | 秋田のおいしいを全国へ!

と、オススメされたので行ってみたら、まさかの休業日・・・。
ってか、観光案内所なら休業日くらい把握した上で観光客に情報提供して欲しいよね。。これが海外から来た観光客だったりしたら本当に時間を無駄に使わせてしまうし、こういう点は青森県と違って秋田県は観光に力を入れていないんだなぁと感じる一面でした。

 

ナマハゲとタッチ

秋田駅すぐの居酒屋で、かまくらに入りながらナマハゲと戯れることができるお店があるとのことだったので、そのお店にいくことに。懐かしい話やくだらない話を繰り広げていると、ナマハゲが到着!
「怠けている奴はいねぇが?」と地面を叩きながら問いかけられ
これが子供の頃に来ていたら、本当に怖くて耐えられないかもしれないなぁと感じる。
ちなみに、食べた中で特に美味しかったのが「みそきりたんぽ」これはガチで美味しかった。めちゃくちゃ美味しかった・・・。
味噌ときりたんぽの味は絶対に忘れられない。あきたのみすてあとは来月2月の長野オフで再会できるのでまた、その時に色々と話しをしたいな。

 

秋田から岩手県へ

晩ごはんを食べた後、秋田新幹線こまちに乗車し、盛岡駅へ
こまちは誰も乗っていないかのごとく完全に過疎列車で・・・
特に何もイベントがないまま、気づいたら盛岡についてました。。

実はこの盛岡は完全に宿泊用で、明日は朝から仙台に移動し牛タンを食べ、きつね村のある宮城県に突入します!!!!!

東日本横断旅行5日目<青森〜秋田〜岩手>

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。