LINE botプログラミング言語別 入門手順まとめ 5選!

LINE bot api trialがLINEから発表されてまだ1週間経過していませんが、フットワークの軽いエンジニアからどんどんとLINE botで思い思いのbotを作成しています。その中でも特に初心者向けでよくまとまっている物について言語別にまとめてみましたので、得意な言語でLINE botの作成方法を学んでいきましょう。

Facebookも独自のchatbot APIを公開して、世界中でいまchatbotがバズワードと化しています。この盛り上がりを見せつつあるタイミングでchatbotに入門して、その他の人よりも一足先にchatbotの可能性に飛び込みましょう。

新しい技術に興味・関心を持つだけではなく、実際にチャレンジしてみることでその技術の凄さに気づいたり、やってみないと分からないユニークなアイデアが浮かんだりといいコトづくしです。またRuby言語で紹介しているものについては特別な開発環境等は一切用意する必要がなく全てブラウザ上で解決するので特にオススメです。

 

phpでLINE botで出来ること全て

シンプルながらも、公開されたLINE bot apiの全ての機能を網羅しています。紹介しているのは実装に必要なソースコードに関してがメインなので環境まわりなどについては、その他の記事で確認してみましょう。LINE bot api公開後すぐにこの記事が投稿されていて数々のエンジニアの方々がこのソースコードの改良を行っているため、ソースコードだけでなくその他のノウハウも集約されています。

[splink href=”http://qiita.com/betchi/items/8e5417dbf20a62f2239d”]LINE BOT API Trialでできる全ての事を試してみた[/splink]

 

Rubyでブラウザ上のみでオウム返しbot

恐縮ながらわたしが作成した記事を紹介させて頂きます。全てブラウザのみで特別な開発環境は必要ありません。プログラミングの大きなハードルである開発環境構築の手間が省けたとなると素晴らしい技術の進歩ですね。

全てブラウザだけで開発しているので開発場所を選ばないのも大きな強みです。(Ruby + Cloud9 + Heroku + git)で構築しています。

[splink href=”http://www.sakana.tech//entry/2016/04/12/112700″]LINE botでオウム返しをブラウザ上で作る全手順【初心者向け】(Cloud9+heroku+git)[/splink]

chatbotの基本中の基本といえるオウム返しを全てブラウザ上だけで実現しています。ここから更に拡張するのがchatbot入門に最適なのでまずは特別な開発環境を用意せず、このRubyの環境で構築してみてはいかがでしょうか?
RubyはいまWeb業界で特にアツい言語ですし、この際覚えてみるのもいいかもしれませんね!

 

Phythonで「りんな」風chatbot

Pythonで開発されたMicrosoftの「りんな」風のchatbotです。
Pythonの特徴はパワフルかつ高速な言語として数年前から注目を浴び、いまやWebアプリケーション開発の一翼を担っている言語です。コードがすっきりと読みやすいため入門もしやすい言語です。Pythonを用いてわかりやすく手順を紹介されています。

[splink href=”http://qiita.com/shiraco/items/58a33b878fa5f1180d75″]LINE BOTでりんな風の自分専用女子高生BOTを作ってみた (Python & Heroku)[/splink]

 

C#で漢字→ふりがな変換LINE bot

こちらではC#で漢字のふりがなを返却してくれるLINE botを作成されています。昔から人気の高いC#で作成されていてこのサンプルコードを待っていた方は多いんじゃないでしょうか?

[splink href=”http://qiita.com/oklahomaok@github/items/99231165056e50e423ff”]C#でLINE Bot書いてみた(AppHarbor)[/splink]

 

Node.jsでレストラン検索LINE bot

さすが流行のNode.js。なんでも出来るというイメージだけあって本当になんでも出来ます。ベースのjavascriptがここまでやれるのか!というくらいなんでも出来ていて、当然LINE botの作成も行えています。
公開されているソースコードは少し応用編といった形ではありますが、テキストを返却する部分だけを残せば基本のオウム返しなども作ることができます。

[splink href=”http://qiita.com/Enta/items/45d5295e023e24e9ff0b#_reference-789d9411d6006770b005″]Nodejs+LINE BOTでレストラン検索 – Qiita[/splink]

 

知ってる言語で挑戦してみましょう

新しいコトにチャレンジすると新しい世界が見えてきて凄く楽しいですし、これがもしかしたら新しいビジネスチャンスに繋がるかもしれないと考えるとワクワクしてきます。この5つの中でどれも触ったことがないなぁ。と思われるのでしたらRubyから始めてみてください。

 

らいか
新しい技術に知ってる言語で挑戦すると、ちょっとしたカスタマイズや仕組みが紐解けてとても楽しいですよね。

この記事を書いた人

らいか

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします