ブログのカテゴリーを整理して焦点の定まったブログを作ろう【5月】

ブログのカテゴリーを整理して焦点の定まったブログを作ろう【5月】

ブログでの記事投稿数が100を超えて、色々なことについて記事化してきましたが記事のカテゴライズについて課題感を抱いていました。

特に「Free」カテゴリに何でもかんでも放り込んでしまう変なクセがついてしまったため、先月の振り返りでも行っていましたが、このブログのカテゴリーを最適化して少しぼやけてしまっていたブログの焦点を定め直しました。

こんにちは、Webエンジニアとして就職したんですが仕事でWebっぽいことに触れることができていない、らいか(id:sakanatech)です。

 

100記事はスタート地点

「プロブロガーになろう!」なんていうのは思ってはいませんが、ブログを運営していく上で必要最低限のコンテンツ数としてよく挙げられる100記事に本ブログもやっと到達しました。
当然ですが、100記事なんていうのは必要最低限のコンテンツ数であるためこれからどんどんコンテンツを生み出していかなければならないです。

しかし、ニートや自由な大学生やノマドワーカーみたいに人とは少し違った境遇に居る人ならまだしも、普通に電車通勤をして普通に会社勤めをして普通に家庭があるわたしには、そういったアクロバティックな視点からの記事を生み出すことが出来ません。

当然、そんなパフォーマー達と同じ土俵に立つ気もなければ、立とうと思う気もないのですが自分が書いた記事がたくさんの人の目に触れて、意見を貰えたりするのは楽しいことは理解しているので、その他のTech系ブログとは違った視点で価値を発揮していきます。

例えば、本記事の後半にも書いているのですが、あえて未解決なモノを記事にすることで「答えがありそうだけど分からないもの」を可視化して「たぶんコレが答え」というものを追求していく。Tech系のブログでは「これが答えだ!!」という情報が載っていますが、往々にしてソレが答えであったことがありません。

ほとんどの場合は、細かなアレンジや微調整をしなくてはならなかったり、「※諸説あり」が諸説ありすぎて結局何が答えなのか分からなくなっていたり。

 

また、Photoカテゴリも他者との差別化に活かせていると思います。
Tech系ブログで写真が趣味。の人は少なくありませんが写真で作品作りをしたりコスプレ撮影をかなりまじめに取り組んだりしている人は少ないでしょう。

最近、世間一般的にもアツくなってきているコスプレについても着目していきたいなと考えています。

 

5月のSakanaTech

5月のSakanaTechは結構激動の1ヶ月でした。月初めにいきなりプログラミング義務化の話がプチバズを起こしたり、ブログデザインを見直したら結構成功してPV増に繋がったり、広告配置が成功したり。AmazonアソシエイトからSMグッズが売れたり…。

 

PV数とか定量的な情報

5月は、前述のどおり少しだけTwitterでバズったこともあり前月と比較してPV数は大きく増大しています。
目標としていた、10000PVも無事に達成することができました。というかほとんど1記事で10000PVを持っているため来月以降の落差が恐ろしいところではあります。

今月は、直帰率や流入元などの数値分析が難しいと考えています。
1つの記事が全体のPVの60%近くを占めているため、データの純粋な利用が難しく汚された。というと語弊があるのですがあまり綺麗な状態ではないので来月にまとめて、状況分析と改善のアプローチを検討します。

1つの記事が爆発的に伸びた時ってどうやってサイトの現状分析をすればいいんですかね?そのページを除外したデータのみで分析をするくらいしか思いつきませんが、コレ今後の記事のネタに使いましょう。

 

Twitterでちょっとだけバズった話

ほんの少しですが、Twitterでの拡散を中心に記事が小さくバズりました。

関西弁で話す村上信五はそんなに責められる様な事を一切言ってない – SakanaTech

この記事単体で、9,489PVとなりました。さすがにはてブ3桁クラスの様な圧倒的なPV数ではないのですが、バズった初日は1日で4800PVもあり凄く驚きました。また観測している時点での最大瞬間風速は140PV程度でした。いやそれでもすごい数なので驚きですが。
また、記事の内容について、関ジャニ∞のファンの方から「こういうことを言って欲しかった!」とTwitterで語られていて、なんとも嬉しい気持ちになりました。ブログを続けていて楽しいところはこういう所にあると感じます。

今回、すこーしだけバズった中で色々見つけたことがあるので共有しておきます。

  1. はてなブログの人気記事に載る条件にはてブ数は含まれていない
  2. はてなブログトップに載る条件にはてブ数は含まれていない
  3. ニュースキュレーションは意図的にジャニーズ関連記事は除外している

1つ目と2つ目なのですが、今回投稿した記事は、Twitterで拡散される原因の1つとなった人気記事に掲載されました。また、トップページにも同様に掲載されて多くの方に見てもらえると思ったのですが、やっぱりジャニーズ関連のネタは興味のある人しか見ないので、そこまで多くの流入を獲得することができませんでした。
人気記事とトップに掲載されて分かったのですが、その他の記事は基本的にはてなブックマーク数が3桁で、わたしの記事だけがセルフブックマークのみでした。
わたしが人気記事にランクインした時、わたしの記事以外ははてなブックマーク数が80を超えていて、わたしの1記事だけが1ブックマークと少し異様な後継でした。

この事から、はてなブログの人気記事に掲載される条件にはてなブックマーク数は全く関係していないことが分かります。単純に瞬間風速の問題なんじゃないかなぁと予想を立てています。

さすがに、どんな日常日記でも2桁ブックマークが着く人気ブロガーではないのでこの結果から、瞬間風速のいくつくらいから掲載されるのか?などの試験をすることは出来ませんが、人気記事に載せることを狙ったSNS拡散コントールが上手くやれば出来るんじゃないかと思っています。

 

また、ニュースキュレーションアプリはジャニーズ関連のネタを意図的に除外している動きがありました。
さすがにジャニーズ関連のネタは扱いが慎重になるんでしょうか?SmartNewsやGunosyなどのニュースキュレーションサイトは「はてな」カテゴリで抽出した時に基本的には人気記事の上位から掲載されるアルゴリズムのようですが、当時2位に位置づけていたわたしの記事が除外された状態で人気記事の掲載が行われていました。

当然っちゃ当然ですが、特定のワードを含む記事は載らない様にされているみたいです。

ここに載っていたら、もっと爆発的な拡散が起こっていたと思うので、コレもまた1つ学んだことですね。

 

リライトの効果って分かりにくい話

先月の振り返り時から、継続している記事のリライトについて思うことがあります。(きっと後々Taskカテゴリで記事化します)

リライトの効果測定ってどうやるんでしょう?

 

この問題の答えが、わたしの中でまだ消化しきれていません。
普通に考えれば、リライトする前とリライトした後での検索順位だとか流入数の違いを出すしかないと思うのですが、そこで得た結果が本当にリライトによるものなのか、世間の流行り廃りに便乗したものなのかが測定しにくく、何を持って「リライトの効果がありました!」と断言できるのかがわかりません。

とはいえ、記事を最新の情報に更新することや当時分からなかった(or情報が足りなかった)ものについて追記して、1つのコンテンツの質を向上することは当然いいことなので、今後も継続してリライトを行っていきますが、そのリライトと平行してリライトの効果測定方法について何か、答えを模索したいと思います。

 

いい感じな広告配置の話

以前、こんな記事を作成しました。

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った – SakanaTech

この記事は、今月ブログのデザインを一新した際に何を考えながらブログデザインを修正したのかを記録しておくために作成したのですが、
この記事で紹介している広告配置が予想以上に良い効果を発揮しているのでご報告しておきます。

一番効果を強く感じた改善点は、やはりサイドメニュー上部の広告排除でした。

従来のSakanaTechのデザインでは、プロフィールよりも上に広告があったのですが、実態はまったくクリックされておらずただのお荷物的な存在でした。
また、本ブログのユーザーの多くがスマートフォンを利用していることがGoogleAnalyticsの結果から分かったため、スマートフォンでも広告表示を最適化出来るように、サイドバーの広告を重要視するのではなく、記事内部や記事上部の広告を重視したことで広告クリック数についても順調に推移しています。

Amazonアソシエイトでは、アフィリエイターの誰しも通る「何でそれをこのサイトから買ったの!?」という体験もすることが出来ました。面白いです。

 

ブログのカテゴリを整理して対象ユーザを明確にする

5月に実施した改善のメインテーマである、ブログカテゴリの整理を行いました。
ブログカテゴリの整理を行った背景としては、いくつか要因がありますが一番大きなものは「Free」カテゴリという何でもカテゴリが肥大化してきてしまったため、このブログの焦点が定まらなくなってしまったことです。

また、タグの様に利用していたサブカテゴリを撤廃し、全記事を完全に6つのメインカテゴリーに集約することでレコメンド機能の有効活用を考えました。

色々なカテゴリーに分散していた記事を焦点を絞って、分類することでブログ全体の最適化が図れたのと、ブログ自体の焦点を定めることができ、サイトの直接的には見えない価値向上に繋がったのではないかと思っています。

 

単純にブログ内に記事を量産していくのではなく、ある程度方向性を持って記事を作成していくことでブログとしてのテーマが大きく決定し、ブレないブログを作る事ができます。

 

Freeという「何でもカテゴリ」は不要

旧SakanaTechのカテゴリ分類には、Freeカテゴリという、いわゆる「何でもカテゴリ」が存在していました。
ブログの方向性を決め、その方向に向かってブログを進化させていくためには、焦点の定まらない何でもカテゴリは完全に不要で、自分のブログの方向性に合った記事を作成していくことが、真にユーザーのためになります。

今回は、下記のようにカテゴリの整理を行いました。

ブログのカテゴリーを整理して焦点の定まったブログを作ろう【5月】

 

あえて未解決なモノを記事にする

このIT業界の中には、ベストプラクティスが存在しますが

「それって本当にベストプラクティスなんでしょうか?」

実際にベストプラクティスと言われている手法は様々な前提条件の上に成り立っていて、その前提条件を満たす場合に限ってフィットする場合がほとんどだと経験則上感じています。そういった、答えがありそうで答えがない点に着目して、前提条件となる条件を変数化して「答えっぽいもの」を追求していく。

そんなことができたら良いなと思い新しいカテゴリを作成しました。

どんどん疑問を可視化させて、自分の中で答えを模索していく。仕事も同じですよね?お客さんの要望を可視化していって出来る範囲から課題解決を行っていく。そんなことをブログでもやります。

 

魚要素はいつまで無いのか?

もうちょっとありません。
ただ、書きたいなって思ってるネタはあります。
いまは、のどぐろの塩焼きとか食べたいです。

 

来月のブログ運営方針(目標)

なんだか毎月言っているようですが、デザイン細部の調整とブログ軽量化が主軸にあります。
つい先日、Googleがスマートフォン向けページ(Responsive含む)の検索結果順位の優遇を示唆する発言をしました。それを受けて・・・ではないのですが

このSakanaTechは実は、結構重くて、その問題をなんとか解決できないかと思っています。色々策も考えているので一つ一つ順に実行していきます。

  1. デザイン細部の調整
  2. 現在のSakanaTechデザインをはてなブログテーマとして公開
  3. ブログの軽量化
  4. サイト内リンクの最適化

こんなところでしょうか。

 

らいか
毎月のブログ運営報告を、有名ブロガーさんの権威性を誇示するだけとは違って、何を改善してどのような効果を得られたのか。という本当に必要な情報を自分で書くことによってこの記事を見てくれる人にとっても何かしらプラスになる。そういう運営報告が本当は求められますよね。ただのPV報告には意味はないのです。
ブログのカテゴリーを整理して焦点の定まったブログを作ろう【5月】

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。