MovableTypeを使う時に入れづらいMySQL driverを入れたメモ

MovableTypeを使う時に入れづらいMySQL driverを入れたメモ

XAMPPのローカル環境上にMovableTypeをインストールしているのですが、
MySQL driverが素直に入ってくれないので入れた時のメモを書きます。

 

この記事の対象者

  • Windows10でXAMPPを使っている方
  • 企業や学校に属する方でDBD-mysqlのインストールが失敗した方
  • XAMPPにMovableTypeを導入しようとしている方

 

導入方法

まずは、コマンドプロンプトからppmコマンドを打ちます。

ppm install DBD::MySQL

多分、これが上手くいかないひとが、このページに辿り着いたのだと思います。

 

解決方法

対象者として、”企業や学校に属する方”と書いた理由がそのまま解決方法なのですが、プロキシ設定がされているため、外部のリポジトリにアクセスできないようになっています。
そのため、コマンドプロンプトで以下のコマンドを打った上で再度ppmコマンドを打つようにします。

 

手順1.プロキシの確認

インターネットオプションからプロキシを確認します。

確認方法が分からない方はコチラを参照してください。

【参考リンク】

【Windows10】インターネットオプションってどこいった?

 

手順2.プロキシの設定

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力し、プロキシを認識させます。

set HTTP_proxy=http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080

 

手順3.ppm installの実行

ここで改めて、ppm installを実行してDBD-mysqlを導入します。

ppm install DBD::MySQL

 

まとめ

ひとまずこうすれば導入はできます。プロキシって最初に設定してからはなかなか意識しないので驚きますよね。
それにしても、MovableTypeの導入は難易度が非常に高いです・・・。

 

らいか
MovableTypeってすこぶるインストールに難しいCMSだよね
MovableTypeを使う時に入れづらいMySQL driverを入れたメモ

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。