東日本横断旅行1日目<旅立ち〜乗船>

東日本横断旅行1日目<旅立ち〜乗船>

転職を機に1ケ月ほど、有給消化期間ができたので学生時代から夢だった横断旅行をやってしまおうと決意して今回の計画実行に踏み切りました。
ルートとしては、北海道までフェリーで移動し、そこから新幹線やバスを使って徐々に南下する計画です。カメラを使った撮影旅行みたいな感じで考えてます。

 

東日本横断旅行リンク

ひとまず、今は舞鶴港のフェリーの客船の中からこの記事を書いています。
0時30分出港なのであと1時間弱でインターネットから完全に隔離されたスタンドアロンの状況になるので早めに記事を書きます。

 

なんば駅から舞鶴港へ

今回の旅行ルートの第一歩目は、なんば駅の近くにあるO-CATのバスターミナルから運行している舞鶴港行きのバスに乗る所でした。
20時30分発のバスに乗り込むために、18時30分からO-CATに向かい、夕飯にがっつりトンカツを食べてこれからのたびに備えました。
舞鶴港までのバスの道中は殆ど寝てました。
約2時間のバス移動だったのですが、起きてる時間を数えてる方が短いと思います。
とにかく覚えていることは、3つほど後ろの席に座った大学生のうちの一人の足が異常に臭くてバス内全体に臭いが行き渡り、乗務員が注意するレベルだったっていうのと、後ろの席に座った女性が20時30分の時点で泥酔していて、常にバスのトイレを占領して吐いていたので、トイレを我慢しながら寝てただけでした。
(寝ている間に漏らさなくてよかった)

とりあえず、旅の1日目はこんなもんですね。
もう後は、寝るだけです。
明日の日の出は7時12分とのことなので6時に起床してカメラを装備してデッキに向かい朝日の撮影でもしてこようかなって思ってます。他は本呼んだり、プライムビデオからダウンロードした映画を見たりまったり過ごす予定です。

ではまた2日目が終わるころに。
次は小樽のホテルから書けるはず・・・!

東日本横断旅行1日目<旅立ち〜乗船>

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて”Webのものづくりの楽しさ”に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。