【設定方法】AverMedia AVT-C875のニコ生設定値について

【設定方法】AverMedia AVT-C875のニコ生設定値について

AverMedia AVT-C875を使ってニコニコ生放送をする時の一番のハードルはやっぱりビットレート制限でしょう。ニコニコ生放送は他のストリーミングを許容しているサイトよりも遥かに厳しい制限が掛かっているので配信設定は凄く難しいです。

スプラトゥーンを購入してその楽しさからスプラトゥーンプレイを生放送したいと思いACT-C875を購入して生放送の設定方法が分かったのでその方法について書いていきます。

 

制限事項

まずおさらいとして、ニコニコ動画のビットレート制限について

  • 日中帯384kbpsまで
  • 深夜帯480kbpsまで

たとえ深夜帯であっても全然高くない。

高画質配信を目指そうとすると何かを犠牲にしないといけません。

PC自体の処理速度とか音質とか・・・・・。

 

RECentralは使いません!

AverMedia AVTの設定方法じゃなかったの!?とツッコミを受けそうですが、ReCentralはあくまでニコニコ生放送に対応しているだけであって、ビットレート制限なんて完全に知らん顔して配信しようとします。

ReCentralは当たり前のように1024kbpsで配信しようとして強制停止をもらってしまいます。
また、384kbps以下に上手く設定しても、上手く制御できていないのか400kbps近く出てしまい配信が強制停止されます。

音質を32kbpsまで下げれば放送出来ますが、音質が悪すぎて適当なスピーカーを使っていても音が割れているのが分かるレベル。

そんなんじゃゲーム配信なんて出来ない!

 

じゃあ音質を64kbpsは?

映像配信が0.3mbps + 音声が64kbps 合計すると384kbps以下じゃん!!!

 

・・・・・って思うと思います。私もめちゃくちゃ思いました。でも実測値を調べてみると400kbps以上出ます。
つまり、384kbpsを超過しているので強制的に配信が停止されます。

 

なのですっぱり諦めましょう

 

使うのはNLE

結局コレを使います。

【参考リンク】

Niconico Live Encoderとは

ニコニコ動画公式の配信ソフトを利用します。
NLEを使うにはAverMediaが提供している別のソフトをインストールする必要がありますのでReCentralの事は忘れて以下をインストールします。

【参考リンク】

ダウンロード(ソフトウェア、取扱説明書等)

このソフトはReCentralと同じような機能を持っています。
起動するだけでNLEから映像ソースとして認識されるので特別な設定とかは不要。
あとはNLE側で設定をいじればいいだけ!
NLE側では設定をいじっても基本的には384kbpsを超過する「オーバービットレート」には陥らないので安心して設定変更を行って下さい。

結論として・・・NLE最強!!

 

らいか
これからゲーム実況がどんどん盛んになるはずなので、こういうメモを残しておくと後々の自分のためにもいいよね
【設定方法】AverMedia AVT-C875のニコ生設定値について

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。