UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

こんにちは、WebエンジニアなんですがPHPとかRubyをバリバリ書いてるのかと思いきや、業務ではCMSの更新ばっかりしている、らいか(id:sakanatech)です。

最近、UIやUXって凄く話題になってますよね。
UXについて語った書籍も発売されて結構爆発的なヒットをしているようで、わたしもこの書籍を購入して「UXってこういうものなんだ〜」と理解できたっていうのもあるのですが。

【参考リンク】

IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン

わたしが作成したオリジナルテーマSengyoについて、色々と利用者の目線から見れば利便性を損なっている点や、スマホファーストの観点から考えると使いづらい点がいくつかあって改善したいなぁと思っていました。

【参考リンク】

はてなブログでシンプルだけどオシャレなレスポンシブテーマ”Sengyo”を公開しました

最近少しまとまった時間が取れたので一気に改善を行ってみた結果を、どういう考えのもと改善したのかについてまとめていきます。

 

デザインを変更した結果→広告収益が4倍になりました

4倍になったといっても、もともとの広告収益ってほとんど毎日発生していないに等しい程度なんですが、そこから考えると平均4倍の広告収益を得られるようになりました。

デザインを変更した結果が、これほどわかりやすく定量的に現れてくれるのは嬉しいものです。UIやUX改善の結果ってユーザアンケートを取得するなりしないと評価を得られにくいので、定量的に評価を得られるのは非常に嬉しいものです。

 

テーマSengyoの分析と改善点

作成したテーマSengyoは見やすく、カスタマイズがし易いことを前提に設計を行ったテーマでした。そのため改めて振り返ってみると、改善すべき点は大きくあることが分かります。

 

旧デザインの記事ページの分析

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

旧デザインページについてワイヤフレームを作成しました。
まず、旧デザイン全般的に共通している課題として、メインビジュアル部分が無意味であることが挙げられます。

自分でつくっておいて「これ、なんで作ったんだ?」って感じてしまうのですが、メインビジュアルってはてなブログではあんまり無いイメージだったので、どうしても追加したかったという若干のエゴがあったなと思い返しました。

コンテンツの中に無意味なものが存在している事自体、無駄でしかないため、このメインビジュアルのカットは必須修正点でした。
また、従来のデザインで問題がある点として広告の位置も問題であると考えられます。

特に問題なのは、サイドバー上部にあるGoogle Adsenseの広告です。
色々なブロガーさんや、アフィリエイターでそこそこの収益を獲得している人のブログを見てみると、やはりサイドバー上部の成約率やクリック率は非常に少ないみたいで、ここに数少ない広告欄を使うのはもったいない以外の何物でもないため、サイドバー上部の広告は削除しました。

この広告削除の背景には、広告をクリックするユーザーはスマホユーザーに多いという点から考えられます。
確かに、誤クリックの可能性は捨てることができませんが、正規のクリックについても、スマホユーザーの方がクリック率は高いというのは色々なサイトで既に実証済みとのことです。

残念ながらわたしのサイトでは、クリック率が高いとか低いとかを判断できるレベル程クリックされていないので、まだ何ともいうことはできませんが、これからそれを実感することが出来ればなと思っています。

 

旧デザインのindexページの改善

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

旧indexページの一番の問題は、レスポンシブデザインに対応することに気を使いすぎて、スマホファーストができていなかった点に収束します。

PCからこのindexページを見るとそこまで大きな違和感はないのですが、このままレスポンシブでスマホにするとこのようになります。

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

もはやこんな状態では、スマホのindexページから記事に入っていこうと思う気が無くなってしまい、色々な事を並行で考えたり、ちょっとしたことで別のサイトに流れていってしまうスマホユーザーのページ参照機会を損失してしまいます。

そもそも、検索流入が多いわたしのサイトでは、indexページがランディングページであるユーザー自体が少なく、indexが第一ページとなる場合は、SNSなどに登録したURLを自らクリックするなど自発的にSakanaTechにおとずれてくれている人であるはずなのに、そのような優良ユーザーに対して、おもてなしをすることなく不親切に接していることはサイト運営を行っていく上でも、望ましくなく

このような行為は、わたしが個人で運営しているブログではなく、企業が運営しているコーポレートサイトであると考えると最低の極みです。

せっかく忙しい中、わざわざわたしのサイトにおとずれてくれた人に対して、いいコンテンツでいい情報を提供するのはもちろんのこと、優れたUIやUXを用いて快適に記事閲覧をしてもらえるように務めるのがこれからのWEB制作に求められることなのです。

その点を考慮した上で、今回のデザイン見直しを行うことにしました。

 

新SakanaTechのデザイン

UIやUXの重要性や、自分のブログを個人ブログとしてではなく会社の顔になりうるコーポレートサイトと想定した上でユーザーの利便性向上を目標としたデザインを検討し、適用しました。

 

重要なのはスマホファースト

まず、indexページ部分です。
どのような記事があるのかをわかりやすく伝えるためにアイキャッチ画像を小さく表示するように変更しています。

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

また、indexページに広告は絶対に必要ないという結論にたどり着きました。やはり個人ブログなので記事の中に入ってもらってこそだと思います。その考えからindexページから広告を完全に削除しました。

そうすることで、ユーザーの視線は記事タイトルとアイキャッチ、少量の記事本文のみに集中することができ、どの記事に入ろうかだけに神経を使うことが出来ます。

この時に、ユーザーがどの記事に入ることもなく離脱してしまえば、それはわたしの記事タイトルの付け方がイケてなかったということだけなので、その点についてはこれからも継続して改善や工夫を凝らすことを継続していきます。

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

PC画面についても、スマホ同様に記事以外の情報を出来る限り削ぎ落とすことで、indexページから記事ページへの遷移を誘導しやすくしています。

記事の領域を完全に固定サイズとすることで、見た目的にもどこに何があるかどれだけスクロールしても統一的であるため、次の挙動が読みやすいメリットがあります。

 

確実に見てもらえる位置に広告配置をする

見られない広告はクリックされない。

当然といえば当然ではありますが、これが広告配置の原点であり答えなんだなと思いました。

わたしが色々なサイトをめぐって収集した中で現在のサイト規模で考えられる最適解はこの広告配置だと考えます。

<PC>

UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

まず、ページを表示すると必ずページ内にGoogleAdsenseが表示されます。そのサイズはレスポンシブタイプで、横幅一杯に使ったサイズが表示されます。
縦幅は小さめにしているため、ユーザーの操作感を損なわせることなく、自然と広告が目に入ります。

 

最近、2chまとめサイト等でページ最上部にレクタングル広告を縦に2つ並べて表示しているサイトが非常に多いですが、そのせいで実際に記事を読み始めるまでに相当量のスクロールが必要になっているため、ユーザーの利便性を大きく損なわせてしまいます。

また利用者によっては、このようなサイトのデザインに不快感を抱きサイト自体の閲覧をすぐに打ち切ってしまうなどの大きな弊害もあります。

その点、広告表示量は出来る限り最小に抑えつつも必ず利用者の目に入る記事最上部に広告を設置することは、利便性も追究しつつ適切にユーザーの目に入る広告配置であると考えます。

 

まとめ

ユーザーの使い勝手に配慮したサイトでは、ユーザーの満足度や好感度にマイナス要素を与えることがありません。
一度、ユーザーに対して「このサイトは見づらい」というのを感じられてしまうと、どうしても、その後は同じサイトに訪れてくれなくなったり、検索エンジンから検索されたとしても、あの時嫌な思いをしたから見ない。といいコンテンツを提供していたとしても選択肢から除外されてしまう可能性があります。

良かったUIやUXはすぐに忘れるけど、悪い体験は結構覚えているのがユーザーなので、いい思いをしてコンテンツの閲覧を終えてもらうことを目指すことがPVを増やすための第一歩であると今回のデザイン修正で感じました。

 

私のように仕事でも使えるから、色々と試行錯誤している人も多いかもしれませんが、単純にいろんな人にせっかく書いた記事を見てもらうために、まずはブログのデザインの問題点やスマホで見た時に「不便だなぁ」と感じる点の改善から着手してみるのはいかがでしょうか。

 

らいか
高いユーザーエクスペリエンスを実現したサイトはユーザーに良い効果を与えて、サイト自体の評価や価値が向上するのでしっかりと、ユーザーが何を求めてサイトにやってきたのかを考えることは重要ですね
UIとUXを改善し、向上させることがPVを増やす第一歩だと思い知った

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて”Webのものづくりの楽しさ”に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。