WebエンジニアがWebディレクターになるには何が必要なのか考えてみた。

WebエンジニアがWebディレクターになるには何が必要なのか考えてみた。

Web業界と一口で言っても、様々な職種があってそれぞれが異なるレイヤー(層)に属して1つのWEBサイトを作り上げています。
その中でも、わたしはWEBバックエンドエンジニア(以降、WEBエンジニア)に近い位置にいるのですが、そのWEBエンジニアのキャリアパスってどんなのがあるんだろう?ということについて調べ、考えてみたのでそのことについて書きます。

こんにちは、WEBエンジニアとして就職したんですがWEBディレクターを目指そうとしている、らいか(id:sakanatech)です。
今あるスキルの棚卸と、WEBディレクターになるために必要なスキルのギャップをこのブログで確認しようという誰得記事になります。

 

WEBディレクターになるために必要なスキルって?

WEBディレクターってめちゃくちゃ幅広いスキルが求められると思うんです。必要そうなスキルを並べてみました。

これでも、まだまだ足りないと思いますが、最低限このくらいのスキルについては何かしらの実務経験や秀でたスキルが当然要求されます。

とはいえ、全てのWEBディレクターが秀でたスキルを求められるのでは、ディレクターのハードルが高すぎます。
全てのスキルを専門家並みに特化させる必要はないとしても、特技は絶対に持ち合わせる必要があるため今の職種で経験できるスキルを特化させて横展開をしていきながら様々なスキルを習得します。

 

伸ばすべきスキルを見つける

いまあるスキルは、SIer時代に経験してきたスキルが多くWEB業界ではあまり重要視されないスキルが多いです。また個人的にhtmlやcssについて勉強していたとはいえプロと戦えるレベルでスキルを保有している訳ではないため、弱点についても合わせて補強する必要があります。

WEBディレクターに届くまでに必要だと思うスキルを列挙してステップ論で考えます。

WebエンジニアがWebディレクターになるには何が必要なのか考えてみた。

この図に書いてある通り、HTML5やCSSはWEB業界に身を置くものとして、絶対に見つけていなければならないし、WEBディレクターとして仕事をするためには、どうやってこのサイトが構成されているかを正確に把握する必要があるので、絶対に身に着けていなければならないスキルです。
そして、黄色で書いているスキルは今、わたし自信が持っているスキルをさらに拡張させて強みになるスキルを指します。

最後に、赤色では絶対に必要ではないスキルですがこのスキルがあると、その他のディレクター候補と差別化を行うことができ、より特別感を出すことができます。

 

直近の目標を掲げる

目標を立てる上で最も重要な事ですが、大きな目標を立ててもどうせすぐに達成できないのでモチベーションがどうしても下がってしまいます。
そうならないために、楽ではないですが無理ではない小さな目標をいくつか掲げる事から始めます。
たとえば、私の場合は、今回自分で伸ばすべきスキルを絵に描いてまで示したので、HTML5の資格を取得してみるとか知識面での補強を行います。
また、平行して少し前から流行っている、Sassなど拡張CSSについて実際に使ってみることで知見を広げるなどまずは知識の幅を広げ、出来ることを増やすことから始めていきます。

 

まとめ

この記事の内容はちょくちょく更新して、自分自身の目標と達成度を確認できるように記録しておきます。
PDCAを回すということは、こういう小さなことを繰り返すということです、今していることが一つ一つ無駄にならない様にしっかりと実践していきます。

 

らいか
これからはWebページを制作するだけではだめで、しっかりと価値のあるWebを作るために何が必要で何が求められているのかを考える必要がある。それをお客様と一緒になって考えられるポジションはWebディレクターだと考えているのでWebディレクターを目指します。
WebエンジニアがWebディレクターになるには何が必要なのか考えてみた。

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて"Webのものづくりの楽しさ"に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。