NikonD600が2回目のダスト大量発生したので修理に出した話

NikonD600が2回目のダスト大量発生したので修理に出した話

わたしが愛用しているカメラはNikonD600です。
フルサイズ機のエントリーモデルとして結構人気のある機種なのですが、Nikonが無償修理を行うくらいの欠陥があります。

こんにちは、らいか(id:sakanatech)です。今回は、そんなわたしの愛機D600を2度目の修理に出した話です。

 

ダスト問題とは

ダスト問題とは、カメラの様に可動部のある機械では避けられない事象です。
可動部があると、その分メカニカルなパーツが動いてその衝撃でオイルが飛び散る。その飛び散ったオイルを本来はミラー内に飛び散らないように機構的にガードしているのですが、このNikonD600はその現象が特に顕著に現れるため、ついにNikonから正式にアナウンスがあるくらいです。

【参考リンク】

ニコンデジタル一眼レフカメラ D600ご愛用のお客様へ

ローパスフィルターの手入れをしたとしても、事象が改善しない場合やすぐに再発する場合はシャッター機構を保証期間を過ぎていても交換対応してくれるというもの。

また、複数回修理対応を行ったとしても状況が改善されない場合は新品商品または同等の商品(NikonD610)に交換対応してくれるといったもの。

この対応が決定されるまでに、米国や中国で一悶着あったそうですがこれはかなり嬉しい。

また、例に漏れずわたしの持つ機種にも同じ事象が発生してしまう・・。

 

初めて現象が現れたのは去年

コスプレ撮影を頻繁に行ってた時は、撮影前夜に必ずローパスフィルターの掃除やブロアーで掃除を行っていたので、気づきにくかったんだと思うんですが

コスプレ撮影の最前線から一線を退いた後、特に風景撮影をよくするようになってから特に顕著に出始めました。
(どうやらこの事象はレンズを絞れば絞るほどよく出てくるそうで)

海と一緒に撮った青空の左上に映る黒点。

最初はレンズに砂でも付いたのかな?と思っていたのですが、どれだけレンズを掃除して撮影しなおしても黒点が消えず、なんどもローパスフィルターの掃除を試みる。

 

しかし、一旦は取れるものの、数百枚撮影するとまた同じような黒点が現れる。

この時は、無償交換対応など知らなかったのでとりあえず怖くなったので、Nikonプラザに持込修理をしてもらうことに。

確かこの時は、無償修理の対象期間内だったので何の問題もなく修理対応してもらえた。

その後は、たまーに黒点が出るかな?といった程度だったのですが、つい先日また顕著に出始める・・・。

 

そして再び黒点

F8以上に絞った時にまーた黒点が現れる。
空を撮る時が一番よく分かりやすく現れていて、しかも左上に黒点がぱらぱらと点在していてせっかく撮った写真が台無しになったり、必死に黒点をスポット修正で塗りつぶしたり。。。

スポット修正はどれだけ頑張っても、目を凝らしたり拡大されたりすると修正したのが分かってしまうので出来る限りしたくない。。

でも、黒点をそのままにしておくのはもっとあり得ないので致し方なく対応。

 

さすがに2度目だし、その他の方のブログを観ていると2度目の修理対応でNikonD610と交換してもらえるということを聞いたので、わたしも差額を払う覚悟で持って行ってみると

当然っちゃ当然ですが、差額を払ってもD610に変更はできない。と

それは当然。ひとまずNikonの修理センターに送り対応を検討してもらうことに。

 

2回目だけどNikonの対応はシャッター交換のみ

そして、現物はまだ届いていないのですが対応方針が決まったので速報の連絡がポストに投函される。

来週月曜日に発送予定で、シャッター交換のみの対応とのこと。

そもそも、シャッターに限らず機構上の問題が原因で発生するトラブルなのでまた再発しそうな気がしてならないのですが、ひとまずこの結果を受け止めて利用を継続することになりますが、

なんとなく、今回の対応に不満点が残ります。

 

日頃から丁寧に扱ってるつもりですが、3度目が出てきたらさすがにちゃんとお願いしてみようと思う。

 

なんだか、いつものブログとは違った感じ。

 

写真撮りたい。作品作りがしたいよね。

 

らいか
Nikonの無償対応には感心するけど、2回目なのでD610への交換をちょっと期待しちゃうよね
NikonD600が2回目のダスト大量発生したので修理に出した話

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて”Webのものづくりの楽しさ”に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。