記事のリライトと回遊促進はアクセス数を増やすことに効果ばつぐんだ!【6月】

記事のリライトと回遊促進はアクセス数を増やすことに効果ばつぐんだ!【6月】

ブログで過去に作成した記事のリライトってされていますか?

以前、読んで「なるほど」って思った書籍なのですが、かの有名なプロブロガーのイケダハヤト氏の著書を読んだ時にこんなニュアンスのことが書かれていました。

記事はナマモノでどんどん鮮度が落ちていくから定期的にリライトするべき

ただ、これって有名でしかも実績を挙げている人が言うから「効果があるのかな?」って感じるのですが本当に効果があるのかどうかは半信半疑でした。ただ、他のどのブログでもリライトの効果を強く挙げる人が多かったので「そこまで言うなら1ヶ月間やってみよう」と思い6月は過去記事のリライトに努めてみました。

また、せっかく作成した記事をより多くの方に読んでもらいたかったので、そのための施策としてサイト内リンクを充実化させました。
これは、前々から課題意識はもっていたのですが「具体的にどうやって実現しようか?」と具体的な解決策を見つけるまでに時間がかかっていたので、実行に移すのに時間がかかりましたが、今月実行してそれなりの効果を確認できましたので、この記事ではブログアクセスアップのために実施した2つの施策について書いていこうと思います。

 

3行でまとめ

  • 記事のリライトして回遊率を高めたらアクセス数が先月比で300%増えた
  • 加筆はしてもいいが削除はしてはいけない
  • 本当に読んでほしい記事へ閲覧者をエスコートすること

 

3か月前に投稿した記事をリライトする

 

狙うは検索流入が見込める記事

過去に作成したコンテンツで結構時間が経ってるのに、ちょこちょこ検索流入のある記事ってありませんか?
わたしのブログだと、この記事が公開当初からずーっと毎日30~100PVくらいあって伸びしろあるなぁ~とずっと感じていました。

【参考リンク】

【Windows10】Onedriveの影響でディスク使用率が100%になりフリーズした時の対処方法

リライトするということは、記事の品質を向上させて検索順位をアップさせることを目標とするので、一定数検索流入が継続的にある記事を選択する必要があり、わたしはこの記事をリライトすることに決めました。

また、Windows10の無料アップデートの時期と重なり、Windows10にアップグレードする人が絶対に増えて、「Windows10のフリーズに頭を悩ませる人が必ずいるはずだ!」と絶対に伸びるテーマだと感じていました。

この記事自体は、情報量としては十分でした。
事象と原因と具体的な解決方法が書かれてあって、これ以上だらだらと書いてしまうと本当にフリーズに困っている人にとって良い記事とは言えなくなります。
ただ無駄に長いだけの記事に何の意味もないので追記はあまり行いませんでした。

記事のリライトは、
その記事を見た人のゴールを想定しながらリライトの方向性を考えます

わたしの場合は、この記事の問題点としてほとんど改行が無く読みやすさに配慮された記事ではないことを問題点として考え、改行を増やしたり、リンクを見やすくしたりするなどコンテンツとしての見やすさを向上させました。

また、記事上部に「こんな事象が解決できます」と誰に対してこの記事を書いていて読むとどんな効果が得られるのかに着目して記事をリライトすることが成功のカギだと言えます。

 

リライトした翌日からアクセス数が増える

これには凄く驚いたのですが、リライトした翌日から急激にアクセス数が増加しました。Googleのサーチボットはすぐにリライトを検知してくれて、さっそく検索順位を大幅に上げてくれたようです。

この記事は6月2日にリライトを行ったのですが、その翌日から急激にアクセス数が増加しました。(ほとんどこの記事一本の力です。)

記事のリライトと回遊促進はアクセス数を増やすことに効果ばつぐんだ!【6月】

これには非常に驚いていて、まさかこんなにすぐに効果が出るとは・・!という感じに。
もっと早くから、イケハヤ氏の言う通りに記事のリライトをしっかりと行っていればよかった~~。

 

また、ブログのアクセス数もこのリライトをきっかけに、検索エンジンからの流入が急増して、先月の突発的なプチバズを除いて計上すればアクセス数が300%も増えて嬉しい限りです。

この結果から、分かるように記事を適切にリライトすることで、確実にアクセス数が増えてより多くの人にブログを見てもらえる。また、この世に有益な情報を提供できることに繋がるのです。

こういった小さい喜びがいくつも重なっていくことが、ブログを長期継続するモチベーションに繋がるんだなぁと今回強く感じました。

 

記事のリライトを行うときは記録を残す

さて、少し話が変わりますが。

記事のリライトには3つの要素があると今回のリライトについて考えて実践してみたことで感じています。

  • ①記事の充実度を高めるための「加筆」
  • ②時間経過によって古くなった情報の「修正」
  • ③単純に読みにくい文章の「改善」

この3要素の中で、純粋な意味での文章の「削除」を行っていいのは③改善だけです。

その他の要素についてリライトを行う場合は文章を絶対に削除してはいけないです。
特に、②時間経過によって古くなった情報を削除する時には注意が必要で、閲覧者が「どの時点での情報を欲しているのか」を執筆者が決めてしまう事はあってはならないです。

その理由は、
「この情報は古いから・・・」と執筆者の判断で完全に削除してしまうと様々な情報が欠損してしまいます。
例えば、この記事についてもリライトを行ったのですが過去の情報について言及する場合は取り消し線を行い以下の情報を載せる必要があります。

【参考リンク】

【フリーズ】Dospara(ドスパラ)のDiginnosパソコンがフリーズする!【解決済】

  • いつ
  • なぜ
  • どのように

すごく基本的なことですが、閲覧者は常に最新の答えだけ求めている場合と、答えだけではなく原因やその過程を求めている場合があり、わたしたち情報提供者側は閲覧者が真に求めていることを完全に理解することはできません。

理解することができないので、どちらでも満足してもらえるような記事の書き方。情報の書き方を心がけることでその記事の情報の信ぴょう性や正確性をより高める事に繋がります。

この理由があるからこそ、記事のリライトを行うときに純粋な文章の削除は行ってはいけないのです。

 

ブログ内の回遊率を高める

 

一緒に読んでほしい記事へのエスコート

さっそくこの記事でも採用しているのですが、一緒に読んでほしい記事はプラグイン等に頼らず手動で登録するようにしています。
そうすることで、一緒に読んでほしい記事を閲覧者に明確に伝えることができて回遊率も当然向上します。
ただ、デメリットが1点あって。

記事のメンテナンスコストが非常に高くなってしまうところです。
関連するページすべてに用意したタグを張り付けていると非常に手間がかかってなんとか自動化もしくは半自動化ができないかと現在模索しています。
何かいい案ありませんかねぇ・・?

少し話がそれましたが、

一緒に読んでほしい記事に閲覧者をエスコートしてあげることによって、結構サイト内を回遊してくれるものです。
今までは、サイドメニューや記事最下部に頼っていたサイト内回遊ですが、この仕組みの導入によって良い効果を得ることが出来ました。

 

サイト内リンクを作ることで回遊率が2.3倍になった

アクセス数が純増しているので、完全にサイト内リンクの施策のおかげかはちゃんと測っているのではないのですが、検索エンジンから来た人は該当のページを見て満足するとページを閉じたりブラウザを閉じたりして、今までは検索エンジンから流入してきた人の直帰率が90%台でしたが、今月からこの施策を適用してみたことで、検索エンジンから流入してきてくれた方の直帰率が78%まで下がっていました。10%以上の方の心を多少なりとも動かすことができた施策を導入できたため、このサイト内リンクを設置する施策は大いに効果があったと確信しています。

当然といえば当然なのですが、サイト内リンクを設置したことでアクセス数もグイっと増えました。このアクセス数の遷移を見て頂ければわかるのですがリライトやサイト内リンクの設置の日を契機にアクセス数が大きく変動しているのが分かります。やっぱり効果ばつぐんです。

記事のリライトと回遊促進はアクセス数を増やすことに効果ばつぐんだ!【6月】

今後の課題としては、ページ最上部に現在はサイト内リンクを設置しているのですが、このサイト内リンクをページ下部に設置した方が良いのか、それとも上下両方ともにあったほうがいいのかは、
ABテストをすることで効果測定を継続して行っていこうと思います。

多少なりともメンテナンスコストが増えるのですが、それをすることで閲覧者の要求に応えることができたり、より満足してもらうことは非常に重要なことなので多少の苦労は忘れてしっかりとコンテンツ作りを行っていくことが重要です。

 

まとめ

  • 記事のリライトと回遊率向上のためのサイト内リンクはマジで効果ばつぐんだ!
  • 文書は消さず、しっかりと履歴を残すことで記事のさらなる記事の品質向上に繋がる!
  • 本当に一緒に読んでほしい記事は手間をかけてでもエスコートすべき!

 

来月までの目標

今月は、言い訳になってしまうのですが本業が忙しくあまりブログの記事更新を行うことが出来ませんでした。
7月は記事の更新とリライトと合わせて、ブログの本格的なデザイン変更を予定しています。

また、副業としてWeb制作やWordpressの設立補助などを行っていこうと考えているので、そのためのLPを作ったり、自分の強みや、強みが発揮される仕事ってどんなものなのかなぁなど、ちょっとだけリアルとも関連性のある話にも手を伸ばしていけたらなと思っています。

あと、今月は北海道産のアイナメを食べましたが非常に美味でした。

7月もSakanaTechをよろしくお願いします。

こんな最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

らいか
ブログのリライトや回遊率を上げることがPV向上には良いけど、その他に掲げる目標達成に直接リンクしているかは定かではないので、目標達成のための施策も今後は考えていかないといけないね。とはいえ分母が小さいと施策が本当に効果があったのかが見極められないので分母であるPVを高めることは最初の第一歩として当然必要となってくるよね
記事のリライトと回遊促進はアクセス数を増やすことに効果ばつぐんだ!【6月】

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて”Webのものづくりの楽しさ”に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。