GAIQ(Googleアナリティクス試験)知らない単語だけ勉強して再挑戦!

GAIQ(Googleアナリティクス試験)知らない単語だけ勉強して再挑戦!

先週、無料で受験することができるGAIQ(Googleアナリティクス試験)を受験して受験者平均点70点を大幅に下回る点数で不合格になったので、
前回の反省を活かして「まったく知らない単語だけ勉強したら受かるやろ」と思って挑戦してみました。

今回、学習に使った教材はGoogle公式のアナリティクスIQ試験の学習ガイドです。

素直に感じたことですが、多分この学習ガイドだけでは絶対に合格出来ないと思います。ググって出てくる学習方法を書いたサイトでは「この学習ガイドを見れば落ちる方が難しい」みたいに書いているところがありますが、どう考えても実業務で利用されている方が言葉の確認程度のレベルでしか使えないと感じました。
本格的に勉強するのであれば、動画教材もしくは書籍を購入するしか手がないと思います。

結果はお察しのとおり

単語だけ理解しても、結局実際に使ったことがない仕組みを問われて正しい解答ができる訳もなく不合格でした。

GAIQ(Googleアナリティクス試験)知らない単語だけ勉強して再挑戦!

前回よりも点数は上がっているのですが、たった数問正解数が増えた程度は70問から考えると誤差の範囲・・・。

いや、ふざけてた訳じゃないのですが少し甘く見ていました。

らいか
GAIQ受けたんですけど、50点にも届かなくて落ちたんですよ~
先輩
あれ落ちる人、WEB屋名乗っちゃダメでしょ。単語だけ知ってれば経験でいけるから。

っていう言葉に踊らされた感も若干あるのですが、完全に言い訳にしかならない。

受験者平均70点の試験にこのまま落ち続けるのはさすがに恥ずかしいので、ちゃんと勉強します。

落ちたことを先輩に話すと、すごく煽られてしまって恥ずかしいし悔しいので書籍購入も視野に入れて、しっかり勉強することにします。そりゃ4年間Web分析専門にやってる人からしたら簡単でしょうに・・・。なんていう愚痴もこれ1回にして、学生時代を思い出しつつ勉強していくことにします。

今度こそ、ドヤ顔で報告できたらいいなぁ。

GAIQ(Googleアナリティクス試験)知らない単語だけ勉強して再挑戦!

SNSへのシェアはこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

工業高等専門学校を卒業後、NTTグループのSI企業に就職。数々の炎上案件を鎮火するために日本各地を5年間転々とする。2015年に一般ユーザ向けのWebシステム開発案件のチームリーダとして業務に従事し、改めて”Webのものづくりの楽しさ”に気付きWeb制作会社に転職。Web制作やアクセス解析を使ったオウンドメディアの運用改善などを行っていく中で、もっとユーザー目線でWebをただ制作するだけではなく企画や運用まで幅広い領域で仕事がしたいと感じるようになり、Webディレクターのキャリアを目指す。日本中のビジネスホテルに詳しく、犬や猫よりも鳥派。